About

Team長岡立ち上げへの思い

私たちは『長岡市に若者が<残る><戻ってくる><やってくる>まちづくり』を進めます

 団体設立のきっかけは、私の高校の先輩に言われたこの言葉からでした。「大学生になったら地元長岡のために活動できるかもしてないと思っていたが、実際には長岡に戻ってきても活動の場がない・・・。」地元への思い入れがあるにもかかわらず、とてももったいないことだと感じました。また、多くの学生が中学、高校時代に家と学校を往復する生活を送っているため、地元に住んでいるのに、地元のことをよく知らないという現状があると感じました。

 だからこそ、若者が活躍できる場を提供できる団体として任意団体であるTeam長岡を立ち上げました。長岡市は新潟県内で二番目に大きいまちですが、若者の人口流出が年々増加しており、解決するべき重要な課題となっています。若者がこの長岡市に<残る><戻ってくる><やってくる>ために、私達は様々な視点からアプローチしていきたいと考えています。また、大学生等の若い世代が主体となった団体としてこの長岡市で事業を展開していくことで、そこで得た経験が将来的に次世代を引っ張るリーダーの育成につながると考えています。

 今年度以降、まちづくり活動を拡大していくのに合わせ、予算規模が大きくなることが予想されます。また、企業や学校、行政、他の市民団体との関わり合いも増えていきます。これらのことから、私達Team長岡が団体として責任ある運営が必要になると考え、特定非営利活動法人として改めて設立し、事業を展開していこうとするものです。

定款と事業内容

[一部抜粋]

(特定非営利活動の種類)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するために、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

(1)まちづくりの推進を図る活動
(2)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
(3)農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
(4)観光の振興を図る活動

 

(事業)
第5条 この法人は、第3条の目的を達成するために、次の特定非営利活動に係る事業を行う。

(1)地域活性化に係る特産品開発・販売事業
(2)学生を対象とする就業・受験サポート事業
(3)ボランティア等社会貢献事業
(4)交流・情報発信事業
(5)先進事例の調査・研究事業
(6)その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

特定非営利活動法人Team長岡 設立趣旨書 [127 KB]
特定非営利活動法人Team長岡 定款 [319 KB]
特定非営利活動法人Team長岡 事業計画書 [172 KB]

代表挨拶

代表挨拶写真
 私達Team長岡は、長岡において代々受け継がれる学生のチャレンジの拠点を築くことを目指して活動しております。代表の私も大学と長岡を往復する生活を始めて1年半が経ち、自身を育ててくれた長岡への思いが「愛着と恩」から「使命と志」へと変わりつつあります。設立当初から直接足を運んでの1つ1つの繋がりを私達 Team 長岡は大切にしてまいりました。今後も長岡への「熱き想い」と若者ならではの「行動力」で地域間、世代間の繋がりを深く広げ、故郷長岡とともに前へ進んでいきます。

理事長 飯塚康介

会員紹介

次世代を担う学生が中心となり、長岡市の地域活性事業を行います。

学生が仲間とともに長岡でチャレンジできる場を作りたい。という思いのもと、長岡高専、長岡技術科学大学、長岡造形大学、長岡県立大学、慶應義塾大学をはじめとした学生が集まり、設立された学生大学です。
メンバー紹介

賛助会員

私達Team長岡の思いに賛同してくださった賛助会員(法人会員)の皆様です。見守っていただいているということへの感謝の気持ちを胸に、学生のまっすぐな思いと行動力で取り組んでまいります。

(株)江口だんご
株式会社 大原鉄工所
お福酒造 株式会社
風間工業 株式会社
(株)共友工機
有限会社 グリーン土地
グローカルマーケティング 株式会社
さとう・たかみ事務所
(株)七里商店
株式会社 信越工業
(株)スミック長岡硝子
(株)Deux-PLAN
株式会社 長岡サンコー
株式会社 新潟ヂーゼル工業
(株)ニッセイ新潟
パートナーズプロジェクト 税理士法人
平石優介法律事務所
(株)広井工機
(株)ファイナンシャル・エキスパート
(株)ホクギン経済研究所
細貝法律事務所

(2016年10月6日時点)

団体ロゴ

[ロゴ ランドスケープ]
Logo_landscape
[ロゴ ポートレート]
Logo_port

Team 長岡の活動が、様々な所につながって広がっていくことを形になっています。
色や大きさの違うオブジェクトがこれから行われていく様々な活動の方向性、一つに固執せずかたちを変えて活動していく柔軟性や若い人たちの発送の可能性を意味しています。

上部は花火、下部は長生橋をモチーフになっており、長岡を感じるロゴデザインになっています。